1. 薬剤師WORKER トップ
  2. 薬剤師コラム
  3. 調剤薬局で働く~やりがいを実感できる~

薬剤師コラム

勤務先“調剤薬局で働く~やりがいを実感できる~”

”薬の専門家”とされる薬剤師の業務は多岐に渡り、就職先もさまざまです。これには病院や地方の薬局、ドラッグストアなどが挙げられます。今回は、その中でも「薬剤師の仕事」と聞いたときに真っ先に思い浮かぶ「調剤薬局」に、パート・アルバイトで勤務した場合の仕事内容やメリットなどについてご紹介します。

調剤薬局での仕事内容

薬剤師が調剤薬局でパート・アルバイトとして勤務した場合、最初に「処方せんの受付業務」を行います。受付時は患者さんの気持ちを汲み取り、気持ちの良い対応を心がけることが大切です。処方せんを受けとったら、患者さんのアレルギーや薬歴などを確認しながら処方監査(医師が処方した薬に問題がないかどうかを確認する業務)を行います。最近は高齢化に伴い、あらゆる病院や診療科へ通院している患者さんが増えてきているため、副作用などを起こさないようにするためにも、過去と現在の服薬状況をしっかり確認することが重要です。

調剤薬局での薬剤師の代表的な業務とされている「調剤」にはさまざまな種類があります。これには「計数調剤」や「計量調剤」などが挙げられます。パート・アルバイトとして勤務する場合は、これを正確かつ迅速に行うことが求められます。

調剤が終わったあとは、患者さんに薬を渡すと同時に「服薬指導」を行います。これは薬の正しい服用法を指導する、という内容の仕事です。ただ服用法を指導するのではなく、患者さんとうまくコミュニケーションをとることで、気持ちを理解しながら適切かつ親切なアドバイスを伝えることができます。服薬指導では、パート・アルバイトと患者さんという枠を越えて、一人ひとりとしっかり向き合い接することが大切です。

調剤薬局のメリット

調剤薬局で勤務することで得られるメリットには、「患者さんとコミュニケーションをとることができる」、「自分に合ったワークスタイルが実現しやすい」などが挙げられます。

・患者さんとコミュニケーションをとることができる パート・アルバイトとして調剤薬局に勤務すれば、患者さんの病状が良くなっていくのを直に感じ取ることができます。これは、薬剤師と患者さんが直に接する機会が多いためです。コミュニケーションを通して患者さんに感謝されることも多いため、やりがいを感じることもできます。

・自分に合ったワークスタイルが実現しやすい どんなに多忙な調剤薬局にパートやアルバイトとして勤務しても、勤務時間や勤務体制の限度がしっかりと設けられているため、体調を崩すほどの激務になることはありません。これは、基本的に調剤薬局がシフト制であることが大きく関係しています。調剤薬局には複数の薬剤師が在籍しており、交代して勤務にあたるため、自身が出勤する曜日や時間も都合に合わせて決めることが可能です。また、調剤薬局の場合ミス予防などの観点から、薬剤師が一日に対応する処方せん受付、調剤の上限数が決まっています。そのため、どんなに忙しくてもしっかり休憩をとりながら業務に取り組むことができるのです。

・処方せん薬について、より詳しくなれる 調剤薬局でパート・アルバイトとして勤務すると、毎日処方せんに基づいた調剤業務を担当します。これにより、処方せん薬の知識により詳しくなることができます。働き、収入を得ながら、より詳しい知識を得ることができるのは、まさに一石二鳥といえます。

・調剤薬局の顔として、最前線で患者さんを見守ることができる 調剤薬局において薬剤師は、最前線で患者さんに接する番人です。医師が処方した薬が適切かどうかを判断するための処方監査、患者さんに薬を正しく服用してもらうための服薬指導など、患者さんを服薬によるトラブルから守るための大切な業務を任されています。一見、責任や負担が大きいようにも感じますが、これが大きなやりがいとなるのです。

まとめ

パート・アルバイトとして調剤薬局に勤務する際は、仕事内容はもちろん、職場の雰囲気や給与面などの気になる点を事前にしっかりと確認しておくことが大切です。これにより、実際に働き始めたあとのミスマッチを可能な限りなくしていくことができます。

患者さんのことを考え、適切な薬であるかどうかを確認したり、正しく薬を服用するために指導を行う調剤薬局での仕事は、世の中に欠かせないとても大切な仕事です。薬剤師としてのスキルアップを目指し、患者さんの喜びの声を直に感じたいのであれば、調剤薬局でパート・アルバイトとして勤務することをおすすめします。自分に合った調剤薬局を見つけ、希望のワークスタイルを実現させましょう。