1. 薬剤師WORKER トップ
  2. 薬剤師コラム
  3. 薬局で働く魅力

薬剤師コラム

勤務先“薬局で働く魅力”

薬局でパート・アルバイトとして働いている薬剤師は多くいます。薬局は大きく2つに分けることができ、それには「大手薬局」と「中小薬局」があります。 一般企業の場合は大手であればあるほど人気を集めますが、薬局の場合はそうとは限りません。なかには大手薬局から中小薬局に転勤する薬剤師もいます。そこで、ここでは大手薬局にはない中小薬局ならではのメリットと魅力についてご紹介します。

大手薬局にはない中小薬局ならではのメリット

薬局で働いている薬剤師の約7%は、薬局の開設者、または法人の代表者として働いています。
このことから、「調剤薬局」という分野は、大手調剤薬局による集約がそれほど進んでいないため、個人薬局として生き残りやすいという傾向を読み取ることができます。しかし、これは調剤薬局だけに該当することであり、ドラッグストアとして個人店で生き残っている店舗はほとんどありません。

このような状況下で、地方や中小の薬局の場合は人手不足が著しく、採用に苦労している現状があります。そのため、薬局で正社員、パート・アルバイトとして働くのであれば、地方や中小の薬局の求人に応募することがおすすめです。
・残業が少ない 中小薬局では、お店を閉めたあとに書類をまとめたり提出物を作成したりといった大型薬局にありがちな残業がほとんどありません。そのため、時間に追われることなく余裕を持って仕事に取り組むことができます。また定時に帰宅できるため、家族とのコミュニケーションを充実させたり、家事や育児に余裕を持って取り組めたりと、仕事以外の時間をきちんと確保できます。このことから中小薬局は、主婦がパート・アルバイト薬剤師として働く場所に適していることがわかります。

・社長との距離が近く、やりがいを感じられる 中小薬局の場合、「社長の下に管理薬剤師がいる」というケースが多いため、パート・アルバイトでも自分の意見や考えを社長に伝えやすいというメリットが。 社長と密にコミュニケーションを取りながら仕事ができるということは、業務の効率化・円滑化に繋がります。さらに中小企業に就職すれば、勤務人数が少ない分一人ひとりに与えられる担当役割が大きいため、常にやりがいを感じながら仕事に取り組むことができます。

・大手に比べて給与条件が良い 比較的、大手薬局には薬剤師が複数在籍しています。
しかし、中小薬局の場合はそうはいかず、地方になればなるほど代わりがいない状態となるため、このことから給与条件が良いとされています。

まとめ

「大手薬局」と「中小薬局」。教育体制が整っており、企業利益も安定していることから、一見魅力的に見えるのは大手薬局ですが、前述したように中小薬局には中小企業ならではの魅力やメリットが数多くあります。したがって、薬剤師としてパート・アルバイトで働く場合は、それぞれのメリットを把握したうえで、自分に合った場所はどこなのかをしっかりと見極めることが大切です。『家事や育児と両立して働きたい』、『薬剤師の仕事にやりがいを持ちたい』、『パート・アルバイトで満足できる収入を得たい』という方は、中小薬局を選択しましょう。