1. 薬剤師WORKER トップ
  2. 薬剤師コラム
  3. お子様との時間も大切にしたいあなたへ

薬剤師コラム

働き方"お子様との時間も大切にしたいあなたへ"

パート・アルバイト薬剤師として活躍している方の中には、妊娠や出産を機に休暇を取ったり退職したりしている方もいます。 また、正社員として働いていた方の場合も休暇・退職明けにフルタイムで出勤することは難しいため、パートやアルバイトとして復帰することは少なくありません。

妊娠や出産を機に休暇・退職した方が職場復帰する場合は、家事や子育てとうまく両立できるかを考えた上で転職先を選ぶべきだといえます。そこで、主婦・ママであるパート・アルバイト薬剤師が、仕事と家事・子育てを両立させるためにおさえておきたい「職場選びのポイント」についてご紹介します。

自宅から近い職場を選ぶ

仕事と家事・子育てを両立させるには、自宅と職場の距離が近いほうが良いといえます。子どもが小さいうちは体調を崩すことも多いため、すぐに駆けつけ対応できるようにするためにも押さえておくべきポイントです。子どもが保育園に通っている場合は、保育園から近い職場を選ぶのもおすすめです。

同じ境遇で働いている薬剤師がいる職場を選ぶ

育児休暇は法律上で定められているものですが、なかには育児休暇が取りづらい環境になっている職場もあります。しかし、同じような境遇で既に育児休暇を取っている方がいれば、職場の人の理解を得やすいのではないでしょうか。そのため、そういった職場であれば精神的ストレスが少なく済み、仕事と家事・育児の両立が可能です。

残業がなく、パートタイムを認めてくれる職場を選ぶ

できるだけ残業のない職場を選べば、家事や育児の時間をしっかり確保することができます。おすすめの職場は、所や調剤薬局、ドラッグストア。こういった職場ではパート・アルバイトの求人を多く扱っています。自由に勤務時間や勤務日が決められるパート・アルバイトなら、家庭や育児の妨げになりません。

託児所のある職場を選ぶ

仕事を決める際には労働条件や給与などを重視したいところですが、子どもが小さいうちは、子どもがいる人でも働きやすい職場かどうかということを検討ポイントに加えておきましょう。例えば、職場に託児所が完備されているところ。そんな職場であれば、子どもに何かあったときでも安心です。託児所を完備している職場には、おもに「病院」が挙げられます。医師や看護師はもちろん、薬剤師も利用することが可能なため、もし残業を任されてしまった場合でも安心して働くことができます。また、調剤薬局にも託児所が完備されていることがあります。

なお託児所が完備されている職場の求人には、しっかりと「託児所完備」、「託児所付き」などと記載されています。このように福利厚生が充実しているのは正社員のみではないかと考える方もいるかもしれませんが、職場によってはパート・アルバイトでもこの制度を利用できるところがあります。

まとめ

上記で紹介した仕事と家事・育児を両立させるための職場選びのポイントは、主婦・ママの薬剤師であれば確実におさえておくべきだといえます。子どものことを1番に考えて職場を選べば、仕事と育児の両立を実現させることができます。

「薬剤師」という特別な資格を持っているにも関わらずそれを活かさずにいるのは、とてももったいないことです。また、子どもがいれば、教育費をはじめとしてこれから先様々な出費が必要になります。そこでパート・アルバイトで転職し、薬剤師としての力を活かしていきましょう。

仕事と家事・子育てを両立させながら仕事をし、高い収入を得るためには、求人情報をきちんと見極め自分に合った職場を選択することが大切です。そして、その際に役に立つのが私たち「薬剤師WORKER」です。ここではパート・アルバイト求人はもちろん、非公開求人も扱っているため、仕事と家事・育児を両立させたい方にとって有益な求人情報をお届けできます。