1. 薬剤師WORKER トップ
  2. 薬剤師コラム
  3. 地方へ転職する前に押さえておきたいポイント

薬剤師コラム

転職のコツ“地方へ転職する前に押さえておきたいポイント”

「高収入が期待できる」、「親の病気やケガにすぐ駆けつけることができる」などの理由から、地方でパート・アルバイトとして働く薬剤師の方がいます。なかには、大手企業から地方に転職してきた薬剤師の方もいます。これには、パート・アルバイト薬剤師として地方で働くことで多くのメリットが得られることが大きく関係しています。
こで、ここでは地方への転職を考えているパート・アルバイト薬剤師の方々へ、地方転職の際に気をつける点と、それを回避するポイントをご紹介します。

地方転勤の落とし穴

東京や大阪などの大都市に比べ、地方の薬剤師不足は大きな問題となっています。特に、薬学部や薬科大学のない都道府県に関してはかなり深刻です。薬剤師免許を取得している人が少ないため、慢性的な薬剤師不足に陥っているのです。また、進学や就職、結婚などで地方から大都市に出ていく人が多いということも、原因の一つだといわれています。このような状況の中で、薬剤師不足に困っている企業や薬局では、好条件を設けるなどして薬剤師確保に努めています。しかし、条件だけで求人情報に飛びついてしまうのは危険です。仕事についてから「思っていた内容と違っていた」「労働条件に不満がある」などといったことにならないよう、しっかりと見極めるようにしましょう。
・高収入に注意せよ 地方でパート・アルバイト薬剤師として働くメリットのひとつに、「都市部よりも地方で働くほうが高収入」というものがあります。多くの薬局においてこれは事実なのですが、一部の店舗ではそうと限らない場合もあります。たとえば「時給は高額であってもボーナスがない」、「せっかく転職したのに昇給することがない」。こういったことによって、満足できる収入を得られないことも。地方に転職する際は、面接時にこういった点について事前に確認することが大切です。また、雇用契約書をきちんと交わすようにしましょう。

・薬剤師の数に注意せよ 「面接のとき『ほかにも薬剤師がいる』という情報があったのに、実際に転職すると自分一人だけで、全ての業務を負わなければならなくなった」。こういうケースもありがちです。このような場合、パート・アルバイトを辞めようにもなかなか辞めることができない、ということも考えられます。転職先の地方の薬剤師情報を事前に確認しておくことが大切です。

・仕事量に注意せよ 地方だから、人口が少ないからといって、「パート・アルバイト薬剤師の仕事はそう大変ではないだろう」と考える人もいるかもしれません。しかし、決してそうではないのです。
人口が少ないことが患者さんの少なさに繋がるかというと、そうではありません。地方は大都市に比べ高齢化が進んでいるため、患者さんが多い可能性があります。また、田舎になればなるほど病院や診療所、ドラッグストアなどが減っていくため、一箇所に患者さんが集中することも考えられます。仕事が終わらず残業や休日出勤が多くなってしまうことを防ぐためにも、面接時に仕事量を確認し、雇用契約書をしっかりと交わすことが大切です。

・交通面に注意せよ 通勤にバスや電車を使う方は注意が必要です。これには地方が大都市に比べ、公共交通機関がしっかりと整備されていないことが関係しています。通勤は毎日のことであるため、予想している以上に生活へ支障を来してしまうことがあります。特に、雪が降ることの多い地域や気温の低い地域へ転職を考えている方は、天候による交通トラブルに巻き込まれることも予想されます。対策法を事前に習得しておくことが大切です。

・業種に注意せよ 地方であればどこでも薬剤師が不足しているかというと、そうではありません。病院や製薬会社などは地方であっても人気が高く、パート・アルバイトの求人はほとんどありません。そのため、地方にある病院や製薬会社への転職を考えている方は、これらの求人があるかどうかきちんと確認することが大切です。基本的に、地方で薬剤師不足に陥っているのは、調剤薬局やドラッグストアです。自分が希望している転職先がない場合は、調剤薬局やドラッグストアに目を向けてみることも大切だといえます。

・ストレスに注意せよ 大都市でしかパート・アルバイトとして働いたことがない方の場合、地方に転職すると精神的な負担が大きくかかってしまうことも。特に、知り合いや身内が一人もいない環境だと、問題やトラブルが起こっても相談することができず孤独感を感じることになるかもしれません。また、都会に比べてストレスを発散させる場所や方法がないということも考えられます。近所付き合いやしきたりなども、都会とは異なることが多くあります。精神的なストレスを軽減するためには、まず転職先の環境に慣れることからはじめましょう。

まとめ

薬剤師として都会から地方へ転職する際は、上記で紹介した点に気をつけ、それを回避するポイントをしっかりおさえることが大切です。そうすれば地方のメリットを存分に受けながら、薬剤師としてパート・アルバイトの仕事を楽しむことができます。