1. 薬剤師WORKER トップ
  2. 薬剤師コラム
  3. より長く安心して働き続けていくために

薬剤師コラム

転職のコツ“より長く安心して働き続けていくために”

パート・アルバイト薬剤師の就職先には、「病院」や「診療所」、「ドラッグストア」、「調剤薬局」が挙げられます。なかでも、「患者さんと密にコミュニケーションをとることができる」、「処方せん薬に詳しくなれる」などの点を重視するのであれば、調剤薬局はおすすめの就職先だといえます。

そんな調剤薬局にパート・アルバイトとして就職する際、「給与」や「雇用形態」、「勤務地」などの求人情報を基準に勤務先を決める方が多いですが、それはあまりおすすめできません。なぜなら、雇用形態や給与額などは変動する恐れがあるからです。そのため、求人情報に記載されている内容だけを基準に勤務先を決めてしまうと、「廃業してしまった」、「給料が上がらない」などの問題に発展する可能性があります。

では、勤務先となる調剤薬局を決める際は一体、何を重視すればいいのか。それは「その調剤薬局が今後も発展していくかどうか」という点です。そこでこのページでは、就職を考えている調剤薬局が今後発展していくかどうかを見極めるためのポイントをご紹介します。

社歴を確認する

社歴が短い場合、起業したばかりということもあり、社長と社員の意識が高いため、『会社とともに自分自身を成長させたい』という目標を持っている方におすすめです。パート・アルバイト薬剤師としてのスキルアップに臨めます。しかし、固定客を掴んでいない可能性があります。そのため、入社後は積極的に顧客獲得に努めていく必要があります。一方、社歴が長いと地域に密着した経営をしてきたことを見て取ることができます。可能であれば、売上高や店舗数などのチェックもしておけば、これも判断材料のひとつになるでしょう。

経営者の年齢と経歴を確認する

経営者が高齢の場合、「後継者がいるかどうか」、そして後継者がいる場合は「事業存続の意志があるかどうか」などを見極めることが大切です。万が一後継者がいなければ、長期的に働いていくことは難しいでしょう。また、過去に経営者の変更があった場合は、「経営者の入れ替わりにより経営方針が変わったか、変わった場合はどう変わったのか」などを確認するようにしましょう。パート・アルバイト薬剤師として就職を考えている調剤薬局が経営者の変更によって業績が悪化している場合、その薬局は要注意です。

立地を確認する

就職を考えている調剤薬局が、門前薬局(病院の近くに存在し、その病院の患者さんの処方せんを扱う調剤薬局のこと)であれば安定した経営をしてきたのだと判断することができます。しかし、その調剤薬局の今後は、「かかりつけの病院やクリニックに左右されることがある」という点をしっかり頭に入れておくことが大切です。対して、多くの医療機関と連携している調剤薬局の場合、経営を軌道に乗せることができれば、比較的リスクの少ない経営ができると考えられます。

薬剤師の状況と採用理由を確認する

薬剤師の状況や採用理由を知ることで、その調剤薬局の現状から今後の方針までを把握することができます。例えば、「急に出た欠員を補充すること」が採用理由だった場合、欠員が出た理由には、「後任の薬剤師への引き継ぎをしていないのに、前任の薬剤師が辞めてしまった」というものが考えられます。このようなケースだと、社員間や経営などに何かしらのトラブルが発生している可能性があるため、十分に注意が必要です。

逆に「人手不足の解消」、「事業拡大」などが採用理由である場合は、調剤薬局の経営が順調だと考えることができるのです。これは調剤薬局の今後はもちろん、パート・アルバイト薬剤師である自分自身の今後を左右する重要なポイントであるため、しっかりと確認しておくことが大切です。

現状分析を行う

会社の今後の活躍を図るうえで、“経営者の価値観”はとても大切なポイントだといえます。これは、会社の規模が小さければ小さいほどより重要に。「利益を求めすぎていないか」、「調剤にだけ力を入れすぎていないか」などを検証すれば、経営者の思考や価値観を把握することができます。また、同時にその店舗がどのような経営をしているかなどの「現状分析」をすることも大事です。パート・アルバイト薬剤師としての働きやすさや業務内容に大きく影響することですから、疑問や不安を残すことないようにきちんと見極めをしましょう。

まとめ

パート・アルバイト薬剤師として調剤薬局に就職する場合は、上記で紹介したポイントを活かし、今後発展する調剤薬局であるかどうかをしっかり見極めることが大切です。なお上記で紹介したポイント以外にも、「患者さんへの対応を確認する」や「スタッフへの対応を確認する」、「ホームページを確認する」なども押さえておきたいものです。これらはすべて、調剤薬局の今後はもちろん、パート・アルバイト薬剤師である自分のスキルアップや将来を左右するポイントにもなりうるため、とても重要です。 『パート、アルバイトだから調剤薬局ならどこでもいいや』と安易に考えず、勤務先はきちんと見極めましょう。