1. 薬剤師WORKER トップ
  2. 薬剤師コラム
  3. 日本と海外の薬剤師事情の相違点

薬剤師コラム

etc”日本と海外の薬剤師事情の相違点”

「薬剤師」という職業は、日本だけでなく海外にも存在します。日本人の多くは、一般的に正社員・パート・アルバイト関係なく、薬剤師を「薬を調剤して、飲み方を指導する者」と認識しています。しかし、海外に視野を広げてみると、薬剤師という職業は「より高度な役割を担う職業」だということがわかります。今回は例としてアメリカの薬剤師を挙げ、日本の薬剤師と比べてみます。

日本の薬剤師とアメリカの薬剤師の違い

・高い意識を持つアメリカの薬剤師 アメリカの薬剤師は、「薬物療法を通して人間の生活の質を上げる」ということを自覚した上で業務に取り組んでいます。「薬を販売し、飲み方を指導し、患者さんの相談に乗る」という基本的な業務をこなしながら、常に高い意識を持っているのです。

これに対し、日本人の正社員・パート・アルバイト薬剤師は、「患者さん一人ひとりに相応しい薬を調剤して渡す」というイメージが定着しています。服薬指導を通したコミュニケーションには、”感謝”や”喜び”などといったドラマが生まれることもあります。人と接するのが好きな人にうってつけの仕事だといえるでしょう。と同時に、正社員・パート・アルバイト問わず「医療従業者」である薬剤師は、常に医師が処方した薬を厳しく監査し、患者さんの健康と安全を守る役目を果たさなければなりません。そのためには、アメリカの薬剤師のように常に高い意識を持ち、正社員・パート・アルバイト問わず「薬剤師」としての責務を全うするよう注力することが大切といえます。
・医療制度の違い 日本とアメリカでは、医療制度が異なります。例として、日本にある「国民保険加入制度」、これはアメリカにはありません。
そのため、アメリカの場合、医療機関を受診するためには自ら保険に加入する必要があり、保険に加入しなければ病気やケガの治療費はすべて自己負担となります。このような背景から、アメリカでは医療に対してより高度な技術が求められている傾向があります。そのため、アメリカでは、薬剤師は責任の大きな仕事であり、同時に社会的地位の高い仕事となっているのです。
また近年、アメリカでは、このような医療環境であることから、国民一人ひとりの「セルフメディケーション(軽度な体の不調は自分で対応し、自分自身の健康に責任を持つこと)意識」が高まっています。そして、その結果、ドラッグストアのパート・アルバイト薬剤師が頼られるケースがとても多くなっています。

日本の薬剤師の今後

上記から、アメリカの薬剤師の業務内容は、日本の薬剤師に比べ一歩先を進んでいることがわかります。これを受け、日本の薬剤師は今どうすべきなのでしょうか。

現在、日本の正社員・パート・アルバイト薬剤師は慢性的に不足気味。この現状を打破するためには、薬剤師という仕事の魅力や可能性を多くの人に知ってもらう必要があります。そのためには、アメリカの薬剤師のような高い意識を持って仕事に当たることが最も大事なのではないでしょうか。

まとめ

海外に視野を広げて他国の薬剤師事情を学んだり、海外の薬剤師業務を肌で感じたりすれば、今の自分、そして日本の薬剤師事情を見直すことができます。薬剤師としてレベルアップするために、機会があればぜひ海外の薬剤師の活躍を学んでみましょう。 日本で正社員・パート・アルバイト薬剤師として仕事に就く際は、まず薬剤師本来の目標を再度考え、それを強く意識しながら業務に取り組むことが大切です。今一度、「薬剤師」がどういう存在なのか、考えていきましょう。