1. 薬剤師WORKER トップ
  2. 薬剤師コラム
  3. 病院で働く~患者様との繋がりを大事にできる~

薬剤師コラム

勤務先“病院で働く~患者様との繋がりを大事にできる”

  • 共有:

薬剤師としてパート・アルバイトで働くことができる場所はさまざまです。その中でも「病院」は、最も代表的な場所とされています。病院に勤務する薬剤師は、「病院薬剤師」と呼ばれています。病院で働く医師や看護師など、医療に携わる専門的な方々と連携しながら患者さんに接していきます。ここでは病院薬剤師としてパート・アルバイトで勤務する際の仕事内容やメリットについてご紹介します。

病院での仕事内容

病院薬剤師はさまざまな仕事を担当しています。今回はその中でも代表的な「調剤と服薬指導」と「医薬品管理」についてご紹介します。 ・調剤と服薬指導 医師の発行する処方せんの内容を確認し、その内容を把握したうえで薬を調剤し、飲み合わせ、副作用などのチェックを行います。薬を患者さん一人ひとりに合わせて剤形していく作業は病院薬剤師が担当します。 また、処方せんの内容を基準に投与量や速度、経路などの確認を行い、注射剤や混注材の調剤も行います。注射剤の中には、混合することで効果が落ちてしまうものもあるため、これらを事前にチェックすることが大切です。

さらに、病院薬剤師は入院中の患者さん、来院された患者さんが正しく薬を服用することができるよう、薬の効果や飲み方、注意点などを説明します。こうした薬剤管理指導業務(病棟業務)では医師や看護師と連携をとりながら、患者さんに薬の情報やデータを提供します。

・医薬品管理 病院薬剤師は、病院内で使用されている全ての医薬品に関することを把握し管理します。病院内には数多くの患者さんが入院しているため、徹底した管理体制を構築し、在庫が切れることがないよう維持しつつ、温度や湿度などの管理もきちんと行わなければなりません。

病院薬剤師は、これらのほかにも病院内のさまざまな業務に関わっているため、医師や看護師と連携し、1つのチームとして取り組んでいくことが大切といえます。

あらゆる業務に携わることができる病院薬剤師。難しそうに感じられますが、現場でのやりがいを存分に感じられる仕事内容です。正社員をはじめ、パート・アルバイトとして勤務することを通して、チームワーク力を高め、医療の現場で薬剤師として力になることができる、とても魅力的な仕事です。

病院勤務のメリット

病院薬剤師として勤務することで得られるメリットには、以下のものがあります。 ・患者さんとコミュニケーションをとることができる 病院には来院する患者さんだけでなく、入院している患者さんもいます。そのため、病院に勤務すれば患者さんと直に接することが可能です。薬の説明をしたり、薬に関する相談などを受けたりすることで、患者さんと信頼関係を築くことができ、喜びや感謝の声を聞くこともできます。これは仕事のやりがいにも大きく繋がり、パート・アルバイトとして勤務する自分自身のモチベーションを高めるとても大きなメリットといえます。

・医師や看護師と協働することができる 病院の場合、同じ現場で働くチームの仲間として医師や看護師がいます。パートやアルバイトでも薬剤師であれば、医師や看護師から薬に関するアドバイスを求められることがあります。また、医師とともに処方設計に携わることができるなど、薬剤師以外の専門スタッフと連携することも可能なため、医療現場の最前線ならではの雰囲気を感じ取ることができます。このメリットは自分自身のスキルアップにも繋げることができ、パート・アルバイトから正社員になる可能性を高めることもできます。

・医学的な観点から薬学について学ぶことができる 病院薬剤師としてパート・アルバイトで勤務すれば、患者の症状や、それに適した薬などを医学的な観点から学ぶことができます。そのため、医学はもちろん、薬学の専門的な知識についての理解をより深めることが可能です。

「患者さんと直にコミュニケーションをとることができる」、「医療の現場で医学・薬学について学び、スキルアップに繋げることができる」。こうしたメリットがあることから、パート・アルバイトとして働きながら自身のスキルアップを目指し、仕事にやりがいを感じたいという方におすすめです。

まとめ

医師や看護師をはじめとする病院の医療専門職が、それぞれ連携・協働し、「チーム医療」を築いていく中で、病院薬剤師は薬のプロとして重要な役割を担っています。医療の最前線で働くことは、「大きなやりがい」と「専門的なより詳しい知識」を与えてくれます。パート・アルバイトとして働くことに少し抵抗がある方もいるかもしれませんが、薬剤師としての総合的なスキルアップを目指すのであれば、最も適した職場です。自分の目標を明確にし、病院で働くことは自分に合っているのか今一度考えてみましょう。

  • 共有:
コラム一覧に戻る