1. 薬剤師WORKER トップ
  2. 薬剤師コラム
  3. パート・バイト薬剤師さん~しっかり稼ぎたい人におすすめ~

薬剤師コラム

働き方”パート・バイト薬剤師さん~しっかり稼ぎたい人におすすめ~”

  • 共有:

病院や調剤薬局、ドラッグストアなどで働くことができる薬剤師。この職に就くためには資格が必要になります。薬剤師の資格を持つ方が全員、「正社員」として働いているかというと、そうではありません。なかにはパートやアルバイトとして働いている方も多くいます。そういった方々は、『仕事と育児を両立させたい』、『自分のペースで働きたい』などの理由からパートやアルバイトを選んでいます。このことから、パートやアルバイトでの働き方は、さまざまな理由に対応することができるため、効率の良い働き方だといえます。

薬剤師が、パート・アルバイトとして働いたときに得られるメリットは多くあります。その中でも今回は「時給・収入面」についてご紹介します。

パート・アルバイト薬剤師の収入

薬剤師の場合、ほかのパート・アルバイトに比べ時給が高く、某サイトの調査では平均2,000円という結果が発表されています。人材不足に苦しむ地方の調剤薬局の場合は、時給が4,000円のケースもあります。以下では、パート・アルバイト薬剤師の職場として挙げられる「調剤薬局」、「ドラッグストア」、「病院」での“収入”についてご紹介します。

・調剤薬局の場合 調剤薬局、ドラッグストア、病院、それぞれの勤務先では時給にそれほど差はありません。一般的に、時給は地域や仕事内容、勤務時間などによって決定します。なお調剤薬局では深夜出勤や休日出勤が少ないという特徴があります。また、基本的に時給が日本全国、どこでも一律であるため、場所や時間帯などで給与が大きく変動するということはあまりありません。

時給の相場は約2,500円~3,000円です。薬剤師不足の地域にある調剤薬局や個人経営の調剤薬局だと、時給が約5,000円のケースもあります。そのため、『“高時給”という安定した環境の中で稼ぎたい』という方は、調剤薬局での勤務を選ぶという選択肢もあります。

・ドラッグストアの場合 調剤薬局と同様、ドラッグストアも全国展開していることが多いため、地域による時給の変動はあまりありません。
しかし、ドラッグストアは24時間営業・年中無休であることが多いため、深夜出勤や休日出勤が考えられます。そのため、ドラッグストアでパート・アルバイト薬剤師として働いた場合、時間や曜日に応じて手当がつきます。

時給の相場は約2,000円~3,000円です。これに手当がつけば、調剤薬局と同じくらいの収入を得ることができます。ドラッグストアの場合、出勤日や出勤時間を自由に決めることができます。なお、なかには深夜の薬剤師の出勤を行っていない店舗もあります。そのため、『自分自身のライフスタイルに合わせて勤務し、稼ぎたい』と考えている方はドラッグストアへの就職が適しているといえます。
・病院の場合 『一気に稼ぎたい』と考えている方には、病院への就職が適しています。
しかし、これは昼夜を問わず勤務することが可能である場合にのみに当てはまります。

病院での勤務では、深夜の業務があります。こうした深夜の勤務によって、ドラッグストアよりも高時給で収入を得ることができます。なお、深夜に病院で勤務するスタッフは少人数であるため、自動的に1人あたりの仕事量が増え、調剤薬局やドラッグストアに比べ、かなり体力が必要になります。
この点、病院での勤務は一見すると大変そうに見えますが、一つひとつの業務を全力でこなすことで、スキルアップしながら高収入を得ることができます。

薬剤師不足と時給の関係

医療機関は「薬剤師不足」という大きな問題を抱えています。
薬剤師は男女の割合でいうと、看護師同様、比較的女性が多いとされています。そのため、結婚や出産を機に退職してしまう方も少なくありません。これにより、薬剤師の人手不足はなかなか解消されないという現状があります。僻地や過疎地などの場合は、医療従業者の人手不足がとても深刻な問題となっており、なかには時給5,000円にプラスして住まいまで提供しているところもあります。

薬剤師は誰にでもできる仕事ではなく、資格を持っている者しか就くことができない専門職です。そのため、薬剤師不足で悩んでいる地域や職場などは、1人でも多くの人材を確保するため、時給を高く設定しているのです。

まとめ

調剤薬局、ドラッグストア、病院、職場によって異なる時給や稼ぎ方が異なる「薬剤師」。
自分に合った稼ぎ方を選択すれば、高時給で満足できる収入を得ることができます。

  • 共有:
コラム一覧に戻る