1. 薬剤師WORKER トップ
  2. 薬剤師コラム
  3. 掛け持ち勤務で生活の質の向上を図る

薬剤師コラム

働き方”掛け持ち勤務で生活の質の向上を図る”

  • 共有:

パート・アルバイト薬剤師の仕事には、「高時給」、「勤務時間・勤務日を自由に選択することができる」など、魅力的なメリットがあります。そのため、パート・アルバイト薬剤師の方には、複数の仕事を掛け持ちしている方もいます。

掛け持ちしているパート・アルバイト薬剤師の方は、2~3件の病院や診療所、調剤薬局で勤務していることが多いようです。勤務時間や勤務日を自由に選べるとはいえ、やはり3件以上の掛け持ちになると仕事と私生活の両立ができなくなってしまうことも。また、勤務先に迷惑をかけてしまうことが考えられます。このことから、薬剤師が掛け持ちする場合は、勤務地や勤務時間、自身の体調やプライベートとのバランスなどを考慮したうえで検討することをおすすめします。

掛け持ちする理由とは

パート・アルバイト薬剤師が掛け持ちする理由は、大きく2つに分けることができます。それは「収入の増加」と「スキルアップ」です。
・収入の増加 パート・アルバイト薬剤師の場合、勤務時間・勤務日の選択が自由であるため、それぞれの休業日に合わせてシフトを調整することができます。週5での勤務を希望したのにも関わらず、店舗の都合で週2での勤務しかできないなどの場合も、掛け持ちすれば残りの2日も働くことができ、希望通りもしくはそれ以上の収入を得ることが可能です。パート・アルバイト薬剤師としてしっかり稼ぎたいというのであれば、「掛け持ち」はひとつの有効な方法として挙げられます。

・スキルアップ パート・アルバイト薬剤師は病院をはじめ、診療所や調剤薬局、ドラッグストアなどさまざまな場所で採用されています。企業や店舗によって業務内容が異なり、薬剤師の求人情報にはさまざまな内容の仕事が募集されています。そのため、薬剤師の仕事の掛け持ちによって、さまざまな経験を積み、新しい知識を身に付けることができます。自分自身のスキルアップへと繋げられるため、向上心を持って仕事に取り組みたい人には仕事の掛け持ちがおすすめです。 また、もしも結婚や出産を機に一度仕事を離れることになってしまっても、掛け持ちを通して学んだことは再就職に活かすことができるでしょう。

掛け持ちのスタイル

「病院とドラッグストア」、「調剤薬局と病院」などと、掛け持ちのスタイルにはさまざまなものが挙げられます。基本としている職場と異なる仕事内容の場所を選べば、新しい刺激を受けたり、新しい知識や技術を習得したりすることができます。

掛け持ちのスタイルとして、休日に勤務したい方は土日に来客が増えるドラッグストアを選択し、平日に勤務したい方は日曜祝日が定休の病院や調剤薬局を選択することをおすすめします。どちらを選んでも、自分の生活スタイルに合わせて勤務時間・勤務日を決めることが可能なため、細かな働き方をも自分の好きなスタイルにすることが可能です。

掛け持ちする際の求人への応募

パート・アルバイト薬剤師の求人サイトなどには、「掛け持ちOK」と記載されているものがあります。なかには「週1から勤務可能」などと記載されている求人もあり、これは掛け持ちに最適です。『平日の空いた時間に働きたい』などの細かい希望に応えられる求人もあるため、家事や子育てで忙しい主婦の方でも、パート・アルバイト薬剤師として収入を得ることができます。

掛け持ちをしても忙しくならない

パート・アルバイト薬剤師は、週に何日出勤するかを自由に決めることができます。これは掛け持ちをする場合にも同じことがいえます。そのため、『家事や子育てを両立しながら掛け持ちしたい』という主婦の方でも、薬剤師としての仕事を気軽に掛け持ちすることができます。

まとめ

ひとつの職場で長く働いていると、自然とストレスが溜まってしまうことがありますが、掛け持ちしていれば適度に気分転換ができ、ストレスを溜めることなく収入を得ることができます。自分に合った職場を複数見つけ、出勤時間・出勤日をうまく調整することができれば、誰でも簡単に掛け持ちすることが可能です。

『収入を増やしたい』、『スキルアップしたい』といった考えを持っている方は、積極的に掛け持ちを行うことをおすすめします。『掛け持ちしたいけど、仕事と家事・育児との両立ができないかもしれない』と悩んでいる方は、一度挑戦してみると良いでしょう。出勤時間・出勤日を自由に決めることができるため、仕事と家事・育児の両立を可能にしながら高収入を得ることができます。

このように多くのメリットを持つ「掛け持ち」。薬剤師として働いている方は一度検討してみてはいかがでしょうか。

  • 共有:
コラム一覧に戻る